ごんたの散歩トラベル

国内・海外旅行での思い出を徒然と記していきます

公道カートで淡路島ドライブ その1 野島断層へ

移転しました。

2017年5月

兵庫県の淡路島へ友人と行ってきました。

淡路島は今回が初めて、観光というよりも以前から乗ってみたかった公道カートが目当てです。

 

計画は私、淡路島で走るルートは友人に任せました。 

 

淡路SAにて

私「淡路島行ったことある?」

友人「ないよー」

友人「淡路島まで来たらその勢いで四国行っちゃう」

私「今日もカート予約してなかったら四国行ってたね」

友人「間違いない」

 

公道カートレンタルへ

公道カートのレンタル屋は淡路島インターから降りて5分くらいの場所にあります。

f:id:Gongongon:20170521115259j:plain

1時間:2000円

3時間:5000円

5時間:8000円

当日:13000円

24時間:18000円

これに一律ガソリン500円+保険1000円です。

 

車のレンタルを考えると割高に思えますが、カートをサーキットで乗ろうとすると1時間5000円以上掛かりますのでそれを考えると割安だと思います。

私たちは5時間で借りました。 

 

カートの法がまだ十分整備されていないためヘルメットは不要です。

危ないですから1年後には義務化されるでしょうね。

 

ナンバーは青色、原付二種と一緒でした

f:id:Gongongon:20170521115655j:plain

 

始めにカートの操作方法をレクチャーして頂きます。

ウインカーにハザード、クラクションとボタンがいっぱい。

 

車と大きく違うのは右足アクセルに左足アクセルです。

スーパーカブと違い、すぐに慣れることができそう。

 

店の周囲をぐるぐる周り、基本動作を覚えます。

 

出発前に友人が、

友人「5時間で淡路島一周できますか?」

店員「無理ですね。」

友人の計画が無残にも崩れました。

適当に海岸線走るつもりでいたようです。

 

おいおい(汗

 

西側が比較的交通量が少ないそうなので

ひとまず西海岸を鳴門海峡大橋を目指して走ることに。

 

北淡震災記念公園(野島断層)へ

 

西海岸へ向けてワインディングロードが続きます。

 

友人はカートに乗るのは今回が初めて。スピード感に車体の跳ねが結構怖いそうで最初はゆっくり走りました。

 

暫く走っていると、「北淡震災記念公園 野島断層」の看板を発見。中学の社会の教科書に載っていた断層です。

 ぜひ見ておきたかったのでそちらへ向かうことに。

 

途中、見通しの悪いカーブでの出来事

後ろから来たバイクが私を追い抜こうと対向車線へ出ました。

しかし対向車が来ており、確認を怠ったバイク乗りは

慌ててカーブの途中で私の方へ幅寄せしてきます。

 

カートといえど4輪です。バイクと並走できるほどの車幅ではありません。

どんどんバイクは幅寄せしてくるため、私は慌てて右足でブレーキを踏みます。

 

ブオォォォン!!

 

そうです。カートの右足はアクセルなのです。

前の車にぶつかりそうになりました。

わあああ!

今度は左足で全力ブレーキ!

 

キイィィィィ

 

タイヤロックしてしまい制御不能に。

暴れるハンドルを頑張って抑え、なんとか立て直しました。

 

カートだから大丈夫だったが、車であったら側道の木に衝突か

バイク乗りが病院送りでした。カーブでの追い越しは本当にやめて欲しいです。

 

 

とりあえず慣れるまで交通量の少ない道を走ることに。

f:id:Gongongon:20170521115749j:plain

 

今日も雲一つ無い晴天!野島断層に到着です。

f:id:Gongongon:20170521115806j:plain

 

入館料700円を払い中へ進みます。

f:id:Gongongon:20170521115855j:plain

この写真、地震前は側溝が一列だったそうで、

大震災で断層がどのくらいズレたのかが分かります。

 

f:id:Gongongon:20170521115912j:plain

この垣根も、もともと一列だったのが、オレンジの●を境にズレています。

 

f:id:Gongongon:20170521120222j:plain

社会の教科書に載っていた断層の断面。

断層ってこんなにくっきり分かるものなんですね。

 

f:id:Gongongon:20170521120921j:plain

 震災当時の民家も残っており、家屋の傾きや震災当時の台所を見ることができました。

 

地震の体験もできました。

東日本大震災阪神淡路大震災を体験できます。

 

東日本大震災の体験は思っていたほど揺れませんでした。

友人「思ったより揺れないね」

私「これくらいなら確かに避難せず残っちゃうね」

私も当時現地にいたら、津波に巻き込まれていたと思います。

 

 

とてもいい経験になりました。

地震の怖さ、二次災害の怖さを再確認できます。

 

その2へ続きます。

 

 

公道カートで淡路島ドライブ その1 野島断層へ

公道カートで淡路島ドライブ その2 伊弉諾神宮と慶野松原

公道カートで淡路島ドライブ その3 帰宅とラーメン