ごんたの散歩トラベル

国内・海外旅行での思い出を徒然と記していきます

オークランド 弾丸一人旅行記 その3 ニュージーランド編 ようやく始まるオークランド観光!

 

唐突ですが、私雨男なんです。

雨の少ないニュージーランドでも私の滞在日は全て見事に傘マーク。

雨の日の方が少ないから貴重な体験ができると思えばね!

 

成田を出発し、マレーシアのトランジットに失敗、マレーシアで一夜を過ごし、オークランド行きの飛行機の中にいます。

 

クアラルンプール発オークランド行きの機内

今回は夜行便です、シェフアンドコールで事前に機内食を頼んでおいたのですが、一便ずれたことで取り消しになっていたようです。

 

f:id:Gongongon:20170709122230j:plain

 

ビーフとマッシュドポテト、オセアニア料理って感じです。

f:id:Gongongon:20170709122236j:plain

 

アルコールは飲みませんが、チーズセレクションなるものがあったので頼んでみました。

 

f:id:Gongongon:20170709122239j:plain

貧乏人の私はベビーチーズレベルのものが来ることを予想していたのですが、思ったよりかなりチーズセレクションしてます。

ブルーチーズもあり、お腹いっぱいな私には、このとても濃厚でねっとりした奇天烈なお味は厳しいです。後悔しながら水で胃に流し込みました。

お腹いっぱいもう食べれないと横になり、3時間くらいするとすぐに朝食がやってきました。

おぇぷ

 

f:id:Gongongon:20170709124525j:plain

 

オークランドへ無事着陸。丁度雨がやんだのかな?虹が出迎えてくれました。

f:id:Gongongon:20170709124947j:plain

 

オークランド国際空港

 

f:id:Gongongon:20170709125219j:plain

 

空港ではATMで現金を下ろし、プリペイドSIMを契約、市内行きのバス切符を購入します。

 

オークランド市内 

 バスに乗った時に丁度お昼の1時でした。半日でどれだけ観光できるのか、頑張ります!

f:id:Gongongon:20170709204324j:plain

 

オークランド市内に到着!なんともおしゃれな街並みですね!オークランドは丘陵地帯にあり坂道が非常に多いです。その分都市が立体的に見え景観がとても良いです。

 

f:id:Gongongon:20170709204347j:plain

f:id:Gongongon:20170709204352j:plain

クイーンストリートを歩いていると様々な国のレストランや雑貨店を見ることができます。日本人が経営する日本料理店やアニメショップ、サンリオショップまでもあり、ヴィトンやプラダ等のブランド店も軒を連ねます。非常にコンパクトな都市ですが都市全体がショッピングモールの様な、そんな感じがしました。

 

f:id:Gongongon:20170709204622j:plain

f:id:Gongongon:20170709204628j:plain

 

海沿いに出ます。このクラシカルな建物の後ろから各島へフェリーが出ております。

 

f:id:Gongongon:20170709204637j:plain

 

そのクラシカルな建物の後ろにインフォメーションセンターがあり、こちらでスーツケースを預けました。当日の16:45まで$5.0で利用可能です。

f:id:Gongongon:20170709204643j:plain

 

この自転車道、羨ましい!日本でも歩道でなく車道側に自転車道を作ってほしい。。

f:id:Gongongon:20170710001054j:plain

 

オークランドドメイン・博物館へ

クイーンストリートを少し戻り、脇道にそれます。

f:id:Gongongon:20170710001202j:plain

 

アルバートパークです。

f:id:Gongongon:20170710001222j:plain

公園内を抜けて

f:id:Gongongon:20170710002232j:plain

 

オークランド大学を横目に

f:id:Gongongon:20170710004048j:plain

 

 

オークランドドメイン

廃火山が公園になっており、山頂付近に博物館や植物園があります。

f:id:Gongongon:20170710003831j:plain

f:id:Gongongon:20170710004342j:plain

 

ここが火口跡かな?

f:id:Gongongon:20170710004349j:plain

 

オークランド博物館です。平原と青空でとても映えています。

f:id:Gongongon:20170710004352j:plain

 

映画の中にいるみたい。

f:id:Gongongon:20170710005206j:plain

 

博物館手前からの景色はかなり良いです。階段に座って黄昏ている方もいました。

f:id:Gongongon:20170710005159j:plain

 

リュックサックは館内持ち込み禁止だそうで、受付横の荷物預かりカウンターに預け入場します。

 

1Fはマオリ族の文化に関しての展示が大半を占めておりました。

f:id:Gongongon:20170710005404j:plain

 

化石やはく製の展示があったり

f:id:Gongongon:20170710005658j:plain

 

見づらいですが、日本の美術品展示コーナーもありました。

f:id:Gongongon:20170710005725j:plain

 

一番驚いたのがこれ、ゼロ戦が展示してありました。レプリカでなく本物です。故障して飛ばない物が戦後まで残り、それをニュージーランド軍が買い取り、しばらくした後に軍より寄贈されたそうで。

f:id:Gongongon:20170710005756j:plain

 

それと東条英機の説明。"大東亜を守るための戦争、正義と勝利は我らにある"と書かれていたことに驚きました。日本では領土拡大のための太平洋戦争としか習いませんもんね。

f:id:Gongongon:20170710010012j:plain

f:id:Gongongon:20170710010443j:plain

 

スピットファイア?もありました。

f:id:Gongongon:20170710010523j:plain

 

これは・・・ナチスドイツの巡航ミサイルかな・・・?よくこんなの残ってますね。

f:id:Gongongon:20170710010529j:plain

 

博物館の天井にはステンドグラスがあしらわれており、周囲の壁には戦没者の名前が掘られております。ニュージーランドの歴史には詳しくないですが、第二次世界大戦ニュージーランドも多くの傷を負ってしまったのですね。

f:id:Gongongon:20170710010825j:plain

 

構内は吹き抜けになっており、受付が一望できました笑

f:id:Gongongon:20170710010828j:plain

 

オークランド博物館、マオリ族の遺物が展示されているだけと思っておりましたが、日本と接点のある展示も多く、またオークランドの気象や気候に関しての展示もあり、中々見ごたえがありました。

オークランド 弾丸一人旅行記 その2 クアラルンプール国際空港編 まさかのマレーシア観光!?

ニュージーランドへ向けて、マレーシア航空、成田発マレーシア行きの機内に乗り込みました。

マレーシア行きの機内

ウェルカムドリンクはリンゴ・オレンジ・グアバの三択。オレンジジュースを頂きました。

f:id:Gongongon:20170709002738j:plain

 

飛行機の遅れを挽回するためフライトのルートが海上ではなく、陸上を飛ぶことになりました。日本を上空から眺めることができ楽しめました。

 

渥美半島

f:id:Gongongon:20170709003341j:plain

桜島だ!

f:id:Gongongon:20170709003308j:plain

 

昼行便ですので、食事はランチメニューになります。

f:id:Gongongon:20170709002840j:plain

飲み物のメニュー。

お茶もフルーツジュースもソフトドリンクだと思っていたのでソフトドリンクが記載されていないこのメニューは全く目を通さなかったのですが、今見るとしっかり記載されていますね。因みにソフトドリンクはコーラ、ペプシ、スプライト等です。

f:id:Gongongon:20170709002847j:plain

メニュー通りまずサテーが来ます。これはランチもディナーも一緒なようです。

f:id:Gongongon:20170709003530j:plain

 

そしてランチ。パンは私の口に合わないかも。。。食パンの様なバターの味も無く、とってもパサパサ、無味無臭ってやつです。

 

f:id:Gongongon:20170709003546j:plain

 

メインはランチですが、意外とガッツリしています。

f:id:Gongongon:20170709003821j:plain

 

到着直前にヌードルも頂きました。ラーメンではなくヌードルって感じです。

 

f:id:Gongongon:20170709003826j:plain

 

食って寝て映画を見て、そんな堕落した贅沢な時間を過ごし、定刻10分遅れでクアラルンプール国際空港に到着。乗り換えに時間が無いため急いで外にでます。

 

クアラルンプール国際空港

 

f:id:Gongongon:20170709004009j:plain

 

出口にマレーシア航空のスタッフが立っています。乗り換え先を告げると、

「もうその便は出発してしまったよ、明日の便に振り替えね、宿泊先は取ってあるから」

 

24時間後の航空券を手渡されました。宿泊先を添えて。。。

 

f:id:Gongongon:20170709004354j:plain

 

たかが10分の遅れでオークランド行きのフライトに乗り換え不可能になってしまったのです。かなり2泊3日のニュージーランド旅行が1泊2日になってしまいました。あまりにも頭に来たので現在メールでクレームを入れております。。。どうにもならないと思いますが泣

機材トラブルはしょうがないにしても、ほぼ定刻通りで乗り換え不可って、管理の問題じゃないのかな・・・そんなだから2回も飛行機が落ちるんだよ!!!なんて心の中で叫びます。。

 

済ませたくもないマレーシアへの入国審査を済ませ、紙の指示通り荷物が出てくるのを待ちます。しかし何ということでしょう、1時間以上待機しても荷物が出てきません。

スタッフに3回聞いて(2回は荷物が出るのを待てという指示だった)、荷物はオークランドで引き取りだということを知り、待ち合わせ場所へ向かいます。

 

f:id:Gongongon:20170709004828j:plain

 

待ち合わせ場所に行ってみると、すでに他のお客さんが待っていました。そして受付のおばさんに、貴方が一番遅かったと嫌味を言われ、指定されたNILAI SPRING RESORTへ、チャーターのバスで向かいます。さすがに指示がいい加減すぎるでしょう。。。貼り紙1枚じゃ分かりませんよ。。。

 

宿泊先に着いたのは深夜の2時、4つ星ホテルで宿泊費、朝昼晩飯の三食をマレーシア航空が負担してくれるようです。当然ですね。シャワーはお湯がでず、断念しました。

 

NILAI SPRING RESORT

四つ星だけあって部屋は清潔でした。

f:id:Gongongon:20170709005313j:plain

 

窓からの眺めは、森・・・?ジャングルというべき・・・??

f:id:Gongongon:20170709005658j:plain

 

このホテル、周囲にバス停、駅、買い物施設は無く、陸の孤島となっております。リゾートと言うだけにプールとゴルフ場を備えているのですが、水着なんて持っていないですし、ゴルフもやったことがないので、ひたすら部屋の中で待機です。割り切らないとやってられないよ泣

 

f:id:Gongongon:20170709100836p:plain

 

 

携帯で時間を確認し、レストランの営業開始から50分経ってから食事へ向かいました。

 

従業員「まだ準備ができていないからコーヒーでも飲んで待ってて」

私「はい!」(ここでも待たされるんかーい!)

 

なんて思いつつ腕時計を見てみると、私の携帯より1時間遅れているでは無いですか。

携帯は日本時間のままだった・・・

 

f:id:Gongongon:20170709101458j:plain

 

食事は朝昼晩すべてビュッフェでした。他の宿泊者は中国人に韓国人。アジア系ご用達のホテルなのですかね?

f:id:Gongongon:20170709005924j:plain

f:id:Gongongon:20170709005942j:plain

 

イスラム圏で禁止されているような食べ物はビュッフェの中になく、マレー料理から寿司、インド料理等、様々なアジアン料理が陳列されておりました。色々ありましたがやはり中華料理が食べ慣れていることもあり一番おいしかったです!

 

マレーシアまで来て1日中部屋の中というのは、精神衛生上あまりよろしくないので、ホテルの敷地内を散策します。(敷地外は雰囲気怖かったので止めました)

 

f:id:Gongongon:20170709010630j:plain

 

ホテル管轄の打ちっ放しです。ネットもグリーンに傾斜も無く、ただ平地にボールが転がります。拾うの大変そう

f:id:Gongongon:20170709010635j:plain

 

マレーシアは路肩に白黒の舗装が成されています。なぜかこの色が頭に残るのでこれを見るとマレーシアにいるって感じがします。

f:id:Gongongon:20170709010640j:plain

 

ようやく長い1日が終わりそうです。このホテル、規模の割に人と全然出くわさないんですよね。今日日曜日なのに。レストランでも私以外に2、3組いたくらいです。

f:id:Gongongon:20170709011050j:plain

 

再度クアラルンプール国際空港

 

搭乗開始の2時間前に空港へ到着したため、今回はマレーシア航空のサテライトにあるラウンジを利用します。

 

余談ですが、サテライトの建屋は十字形状になっており、迷子になっても真ん中へは戻れるようなレイアウトになっております。シンプルなレイアウト故にどこにいても同じ場所にいるような錯覚に陥り、私はよく迷子になってしまいます。

私だけでしょうね笑

 

f:id:Gongongon:20170709102209j:plain

 

マレーシア航空のゴールデンラウンジへ侵入開始!

f:id:Gongongon:20170709114937j:plain

バーがあったりダイニングがあったりと、何時間でもくつろげそうです。

 

f:id:Gongongon:20170709114941j:plain

 

昨日シャワーを浴びられなかったのでこちらで拝借します。

シャワー室は公共トイレの中にあり、個室トイレと一緒に並んでおります。トイレの床と脱衣所、シャワー室内はオールバリヤフリー!フルフラットになっております!無論トイレを歩いた足でシャワー室に入り、同じフロアで靴を脱ぎ、服を脱ぐ訳ですから私には少し抵抗がありました。

 

シャワー室、ちゃんとお湯出ました。ありがたありがた。

f:id:Gongongon:20170709114949j:plain

 

 

24時間遅れて2度目のフライトへ向かいます。

 

オークランド 弾丸一人旅行記 その1 成田空港編 まさかの成田観光!?

オークランド 弾丸一人旅行記 その1 成田空港編 まさかの成田観光!?

弾丸旅行の経緯

オークランドと言われてどこの国の地名か分かる方は、余りいないのでは無いでしょうか?私はオークランドの存在をマレーシア航空の航空券予約ページで知りました。

 

オークランドニュージーランドの北島にある都市です。

なぜそんなオークランドへ観光に行ったか、それはビジネスクラス航空券が安かったためです。なんと往復で¥13,3000、マイルも22,000近く溜まります。因みに24,000マイルでJALエコノミーでバンコクの往復ができるので、ニュージーランドとセットでバンコクにも行けてしまうのです。

 そんなわけで有休を3日連続で取り、2泊3日でオークランドを観光することにしました。マレーシアを経由するため、滞在日数がどうしても少なくなってしまいます。

 

出発前日

成田空港発で搭乗時間が10時だったため、新幹線では間に合わず、国内線も無かったため前日出発の夜行バスを予約しておりました。

出発準備中にふとメールボックスを見てみるとマレーシア航空からメールが、

なになに?フライト時間の変更・・・?

 

f:id:Gongongon:20170707233259p:plain

 

飛行機が搭乗時刻が5時間も遅れるというのです!!いきなりだなおい・・・

出鼻を挫かれてしまいました。前便が遅れているための遅延だそうで、マレーシア航空はLCCのように航空機をカツカツに運用をしているんですかね。

 

1日目 

 

成田空港へ

夜行バスはすでに予約をしてしまっていたため、予定通り朝6時に東京に到着です。

f:id:Gongongon:20170707222021j:plain

今年は海外旅行二回目ということもあって、今までは新鮮だった空港も、かなり身近な存在になりました。朝8時30分に空港に到着です。

マレーシア航空のチェックインカウンターはすでに人が並んでおりました。メールを確認せずにチェックイン時に遅延を知った方が多いようです。

f:id:Gongongon:20170707232721j:plain

JAL便への振り替えをお願いしようと思っていたが、スタッフ曰く、マレーシアでのオークランド便への乗り換えは問題無いためそのまま発券しますとのこと。乗り換えられるならいいや、とスタッフを信じその場を後にしました。この判断が後々大きな問題になるなんて思いもせず。。。

 

成田観光へ

7時間も空港にいるのは流石に苦痛なので、成田山新勝寺を観光します。

f:id:Gongongon:20170707232935j:plain

f:id:Gongongon:20170707234422j:plain

参道が意外とノスタルジックで、空港のそばとは思えません。

まだ朝早いため、割烹着を纏った職人が料理を仕込んでいたり、お店のおばさんたちが井戸端会議をしていたりと普段とは違った(初めて来ましたが)雰囲気を楽しむことができました。

f:id:Gongongon:20170707234430j:plain

山門です。

f:id:Gongongon:20170707234440j:plain

f:id:Gongongon:20170707235326j:plain

池に亀が沢山いました。ヨチヨチ歩きで結構可愛い笑

f:id:Gongongon:20170707235334j:plain

可愛い亀さん達を眺めながら

ニュージーランド一人旅は始まっているんだよな・・・

なんか貴重な時間をドブに捨てている気分。。。

 

サクララウンジ

ラウンジでのんびりしたかったので10時頃に空港へ引き返しました。

遅延のお詫びで1500円分のお食事券を貰っていたのでレストランへ。

f:id:Gongongon:20170708224808j:plain

空港の飲食店に入るのは初めてかも。昨日の夜から何も食べていなかったため、成田観光も相まってかなりお腹が空いておりました。目についたお店に適当に入ります。

f:id:Gongongon:20170708225031j:plain

1580円だったかな・・・?天丼withキツネうどんです。1500円きっちり使ってやりました。

f:id:Gongongon:20170708224953j:plain

3月にマレーシア旅行で訪れた際は、本館4Fとサテライトにあるサクララウンジを利用しました。今回は初めて3Fを利用します。

カウンターで航空券を見せ、エスカレーターで下に向かいます。

f:id:Gongongon:20170708225246j:plain

成田観光で結構汗をかいてしまいましたので今回初めてシャワールームを使用。

歯ブラシなどのアメニティも頂けました。

f:id:Gongongon:20170708225531j:plain

そこらへんの下手な高級ホテルよりも高級感があります。

f:id:Gongongon:20170708225535j:plain

ボヤケテしまいましたが、人が利用する毎に掃除をしているようです。驚きです。

f:id:Gongongon:20170708225538j:plain

f:id:Gongongon:20170708225755j:plain

汗を流した後はカレーです!もうお腹いっぱいなんですけど、貧乏性な脳が食べろって言うんです。

f:id:Gongongon:20170708225829j:plain

ラウンジでウトウト昼寝をしながら、意識が飛ばないように意識をして4時間弱過ごしました。

 

ようやく時間が着たと、搭乗口に移動したらば飛行機が駐機されていません。

アナウンス「搭乗開始時刻を30分延長致します」

おいおい・・・

f:id:Gongongon:20170708225919j:plain

ようやく時間が来て搭乗開始。こういう時、平気で割り混みされる方いますよね。

3人に割り混みされました。「並んでますよ」って声掛けてあげれば良かったな。

 

搭乗する飛行機です。

f:id:Gongongon:20170708230218j:plain

ビジネスクラスの席はこんな感じ。

f:id:Gongongon:20170708230657j:plain

写真じゃ分からないですが下の写真、コックピットの扉が空いており、中が見えてるんです。

f:id:Gongongon:20170708230731j:plain

ビジネスクラスのシートはフルフラットになり、マッサージ機能までも付いているようです。飛行機では流石に寝れないだろうなんて徹夜をするつもりでいましたが、かなりぐっすり快適に眠ることができ、帰国後も旅行帰りに訪れる気怠さもありませんでした。エンターテイメントは意外と日本語吹き替えの洋画が多く、24時間を超えるフライトでも飽きることはありませんでした。

f:id:Gongongon:20170708230805j:plain

さあ楽しい マレーシア ニュージーランド旅行の始まりです!

普通二輪の免許、取りました!

なぜ普通二輪免許を取ったのか

と言いますと、私はもともと自転車が趣味だったのですが、膝を痛めてしまい疎遠な状態でした。

車では出来ないようなぶらり旅ができ、電車では行けない場所にも行け、自転車よりも短時間で重い荷物を持って移動できる。原付カブで四国一周をしたことで、そんなバイクの楽しさにに魅了されてしまいました。

 

続きを読む

はてなブログ、カスタムURLを途中変更

カスタムURLとは

f:id:Gongongon:20170527092649p:plain

はてなブログでは、編集画面でURLの末端を

任意の文字列に変更することができます。

それがカスタムURLという機能です。

 

初期設定のURLは、

 

http://gontravel.hatenablog.com/entry/2017/04/11/013012

 

なんてURLになっていると思いますが、

カスタムURLに、例えば「awaji」と入力すると、

f:id:Gongongon:20170527093603p:plain

 

http://gontravel.hatenablog.com/entry/awaji

 

となります。

 

私はブログを始めてもうすぐ2か月になりますが、

この機能を全く知りませんでした。

 

全記事をカスタムURLに変更した理由

3点の理由があります。

①今後のため

今後、折角ブログをするなら自身でサーバーを借りて運営していきたい!なんて思いになるかもしれません。その時にカスタムURLにしていると、移行の手間が一つ減るそうです。

 

SEOのため

URLにキーワードが入っていると、多少なりともSEOに影響はあるそうです。 

 

③まだブログを始めて日が浅い

まだ28記事しか書いていないため、想定外なことが起きてもダメージが少ない。

何年も掛けてきたブログがパーになったら悲惨ですものね。

 

 実際に変更してみて

そんな訳あってカスタムURLに思い切って全ての記事を変更してみました。

しっかり変更できてるかなー、

なんて私のサイトをグーグルから検索してみます。

 

f:id:Gongongon:20170527105435p:plain

 

するとグーグルで検索されたすべての記事でEntry is not foundと

表示がされるようになってしまいました。

新しいURLの記事はグーグル検索に上がってきません

2日経っても変化ありませんでした。

1日のアクセス数も一桁に(元々大したアクセス数で無いですが笑)

 

 

今後どうなるか経過観察してみます。

 

追記:URL変更して7日後にグーグル検索に再度引っかかるようになりました。

多少時間が掛かるようです。

【2017年】迷う必要無し!マレーシアでプリペイドSIMを購入する方法とお勧めのキャリア

海外旅行をするに当たって、不安な要素の一つに携帯の使用があると思います。

 

私もマレーシアで旅行する際、

どのキャリアのプリペイドSIMが良いのか、

費用や購入方法はどうなのか、

電波は大丈夫か

等々不安を抱いていました。

f:id:Gongongon:20170524232615p:plain

実際に私が選んだキャリアとその理由、値段や購入方法をまとめましたので、今後旅行をされる方の参考になれば幸いです。

 

お勧めするプリペイドSIMのキャリア

マレーシアにもキャリアは複数あります。

CELCOMに、DIGIに・・・

行ったことの無い国のキャリアを日本で選ぶなんて至難の業です。

私も土日を潰して悩んでしまいました。

 

ハッキリ言って無駄な時間を使っていました。

 

私が契約した、お勧めするキャリアはズバリCELCOMXPAXです。

マレーシア最大のキャリアであり、電波網や回線速度はバッチリです。

そして、意外と安いです。

 

1日使用 通信料 1GBでRM3(¥78)

7日使用 通信料 2GBでRM10(¥260)

※RM1=¥26.03

 

f:id:Gongongon:20170524210741p:plain

※公式サイトより転載https://www.xpax.com.my/internet

 

え!?こんなに安くていいの!?

なんて不安になるくらい安いんです。

 

最大手でこの値段。なので、迷わずXPAXの利用をお勧めします。

 

国内で準備するモノ

使用する端末(スマートフォン

SIMフリー端末を普段使いのされている方は、SIMカードを差し替えての利用が一番かと思います。LINE等もそのまま使うことができます。

気になるSIMカードのサイズは、店員さんがカットして合わせてくれます。

同様に差し替えや初期設定もやってくれます。

 

パスポート

プリペイドSIM購入時にパスポートの提示が必要です。

 

チャック付きの袋

SIMカードを差し替えた際に日本で使用していたSIMカードを失わないためです。

 

SIM取り出しピン

帰国時にSIMカードを差し替えられるようにするためです。

"私は取り出しピンを忘れてしまったため、自宅まで端末を利用できず、迎えを頼むのに公衆電話を使う羽目になりました。"

注意点としまして、取り出しピンは先が尖っているため機内持ち込みできない恐れがあります。スーツケースに入れるか現地で捨てましょう。

 

SIMフリー端末をお持ちでない方は、安く中古端末を購入するか、Huaweiの購入をお勧めします。なぜHuaweiかというと、安いから、マレーシアでも普及しているため店員さんが扱いやすいからです。

 

私も1年前から使用しているのですが、Huawei P9,LITEであれば、国内に戻ってからも普段使いの端末としてストレス無く使用できると思います。

Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK(ブラック) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-BLACK

新品価格
¥20,500から
(2017/5/24 22:39時点)

 

Huawei P9 SIMフリースマートフォン (グレー) 【日本正規代理店品】EVA-L09-GREY

新品価格
¥44,000から
(2017/5/24 22:48時点)

後、現地で差し替えてもらう際は必ず端末の言語を英語にして下さいね。

 

 

購入できる場所

殆どの方が空港(KLIA,KLIA2)での購入を考えているかと思います。

画像で説明しても分かりづらいと思うので簡単に。

 

KLIA到着の場合

到着ロビーに出ると右手にドーナツ屋「DUNKIN'DONUTS」があります。

ドーナツ屋まで進んで辺りを見回してください。

CELCOMの店舗を見つけることができます。

 

KLIA2到着の場合

到着ロビーの手前にあります。

 

 

支払い方法

その場で現金(RM)一括払いです。

後々別料金を引かれるなんてことも無いので安心ですね。

 

使ったSIMは使用後ポイでいいです。

 

 

最後に

英語が分かんないー!って方、安心してください!

中学英語ですらちんぷんかんぷんな私でも行けましたので笑

 

相手は空港のスタッフですから手馴れています。"I want to use this phone"と"prepaid"の意思表示、パスポート、スマートフォンの提示、現金があれば行けます。

 

 

蛇足ですが、マレーシアに行ったときの旅行記です。

gontravel.hatenablog.com

 

 

公道カートで淡路島ドライブ その3 帰宅とラーメン

淡路島で観光をしました。今からカートを返却し、愛知県の自宅へと戻ります。

 

一つ前の旅行記

gontravel.hatenablog.com

道の駅あわじへ

カートに乗った後自動車に乗ると、余りの快適さに驚きます。シートのフカフカさ、さながらビジネスクラス

 

カートをレンタルした店のそばにヒガシネ食品というクギ煮の製造直売所があったので寄ってみました。クギ煮とは佃煮の一種だそうです。

f:id:Gongongon:20170521140439j:plain

"山椒のちりめん"を買おうと買おうと思ったのですが、店員がいませんでした。

店舗裏の工場に人がいそうでしたが立ち入り禁止になっており、大声で呼んでも気づいてもらえず。。

お金を置いて勝手に持っていこうか迷ったのですが流石にいやらしいので諦めてそのまま後にしました。この後行った道の駅よりも安い値段で"ちりめん"を販売していました。

 

続きを読む