ごんたの散歩トラベル

国内・海外旅行での思い出を徒然と記していきます

新富士オートキャンプ場へキャンプツーリング

CRF250ラリー14万km計画第一弾!!新富士オートキャンプ場へキャンプツーリング(480km/140000km)

初めてのツーリングでしたので写真少なめです!

納車した翌日に早速行って参りました!今回は一人ではなく、よくドライブをする友人と一緒。そう、車とバイクの異種ツーリングです。

私であればお前バイクじゃなくて車出せよと言いたくなりそうなシチュエーションですが、友人は余り気にしていない模様。

高速はまだ怖い、慣らし運転もしないとということで、1号線をひたすら走る慣らし運転に付き合ってもらい、新富士オートキャンプ場へ向かいました。

道中はもうとにかく、運転することに精いっぱいでした。今まで全く気にしていなかったのですが、1号バイパスを走るでも、原付2種では何度か下に降りなければならないんですね。やはり原付での長距離は排気量関係なくしんどそうですね。

 

渋滞に巻き込まれながら丁度昼ごろにキャンプ場へ到着。

 

設営完了!バイク撮り忘れた・・・

f:id:Gongongon:20170808233551j:plain

 

この日の天気予報は当初曇りでしたが、時間が経つにつれて雨マークが増えていき、ほぼ一日中雷雨でした。トホホ・・・

新車が早速雨に打たれ、ここに来るまでに家の車庫で一回、行き止まりの急坂で一回立ちごけし、ちょっと吹っ切れ気味。今後、オフロードをバイクを汚しながら走れそうです笑

f:id:Gongongon:20170808233740j:plain

ランタンなんて出してますが、10分後にまたすぐ雨が(泣

f:id:Gongongon:20170808233742j:plain

翌日の天気も雨模様。今日は雨に打たれながら帰るのかぁ・・・

早めに徹営し、富士ツーリングを諦め自宅へ帰ることにしました。

 

自宅へ向け樹海の中を走っていたときのこと

(道はこのままで大丈夫かな?)

治具でバイクに固定したスマートフォンを覗きます。

(!?スマートフォンが無い!!)

慌てて逆戻り、1時間森を彷徨い探します。

「おーい!これか?」

友人の手には液晶部が粉々になったあられも無いスマートフォンが。

「粉々・・・」

「もしかして・・・!粉々なのは保護シートで液晶は無事なのでは!?」

ペラッ

保護シートは傷一つ無く、液晶が粉々でした・・・(泣)

どうやらスマートフォン治具に固定する際に、治具を固定する爪が緩んでしまったことが原因のようです。帰ったら対策しよっと。

 

災難がいくつか重なり、結構疲れてしまいました。

私が自宅に帰るまでの間に雨は一度もなく。帰宅時には見事な晴天を見ることができました。

付き合ってくれた友人に感謝感謝。

バイク「CRF250ラリー」を衝動買いしました!

CRF250ラリーの購入経緯

元々カブ110に乗るつもりでした。安いし燃費良いし!しかし二輪免許を取ると会社で言ったが最後、周りから大型に絶対乗りたくなるだの原付じゃつまらないだの異論持論を言われるわけです。

そんな言葉に耳を傾けてしまったが最後、カブでは確かに北海道一周は(時間的に)きついなぁ・・・疲れたときに自動車専用道に乗れると確かに便利だなぁ・・・なんて考えてしまい。んでもって血迷って予算を50万オーバー、

250ccバイク「CRF250ラリー」を新車で購入してしまいました!!

 f:id:Gongongon:20170808232622j:plainf:id:Gongongon:20170808232415j:plain

後ろ姿がかっくいい!!

CRF250ラリーは、お値段が車高と比例して約70万円と結構お高い。。5万kmくらい乗ろうと思っていたのですが、ランニングコストが5円/kmになる13万6千km、もとい14万kmまでお付き合いして貰うことにします。

  

 

因みに購入に至ったポイントですが、

①オフロードが走れて(カブみたいに寄り道できる)

②車高が高くて(カブみたいに寄り道が荒れた道でも走れる)

③軽い分取り回しが楽(カブみたいに気軽に立ち止まれる)

④ウィンドスクリーンが付いている(高速巡航でも疲れない)

⑤速い!(カブでは時間的に辿りつけない場所ににも行ける)

です。

オフロード車をカブの上位版のように考えていた私ですが、カブを比較対象にしていた私は考えが甘かったです(笑)

実際乗車して見るとカブとカブ、バイクはバイク。全く別の乗り物でした!

 

 

今後の予定!

バイクを買った事に対して少しもやもやしておりまして、やはり私には道路を走る喜びよりも土地土地の景観を楽しみながら寄り道、写真なんかを撮りながらのんびり走る方が向いているようです。CRF250RALLYでトコトコ走ればいいんですけどね。

次のボーナスでオンボロカブを買ってレストア、もしくはカブなんてレンタル1週間1万円もしないので乗りたいときに乗りたい場所で借りることにします。税金や保険考えると1年に1~2回の利用であれば割安ですね。

 

 

 

~~ここから私の愚痴が始まります~~

 

バイクを購入検討しているとき、嫌味な上司に目を付けられてしまい3日に1回、バイクは何を選んだかを聞かれます。そんな上司に買ったことを報告すると、「今のオフ車は遅い」「単気筒は疲れる」「オフロードはカイル無いから疲れる」「オフロードなのにフルカウルなんて中途半端」「固いシートは絶対後悔するぞ」「絶対大型欲しくなるからな」とふるぼっこに(泣)

上司「バイク用品いつ買いに行くんだ?」

私(これは一緒に行こうってパターンだな・・・)

 「今日です!」

上司「今日残業申請出しちゃったよー。。ちょっと待ってな」

 

~~しばらくして~~

 

上司「残業こっそり申請取り下げてきた!一緒に行けるぞ!」

まじかよ・・・・・・

私「友達と一緒に行く約束をしてて・・・」

上司「じゃあ一緒にツーリングするか!」

私「はは、いいですね」(接待ツーリングなんて御免だコノヤロー!!!)

 

 

アメ横の志村商店に行ってきました!果たしてお値段いくら!?

東京の出張帰り、オタクな後輩の生態を覗きに一緒に秋葉原へ付いて行ったのですが、それは余りにも衝撃が大きすぎる内容で

「ちょっと上野行ってくるわ!帰り気を付けてね、おつかれさま!」

と逃げてきたのが事の始まりです。

 

上野に来たからには何か買って帰りたい。でも光物は新幹線に持ち込む勇気が無いということで、お菓子の叩き売りで有名な志村商店へ行って参りました。

f:id:Gongongon:20170719232100j:plain

アメ横ってガード下、ビルの内部も商店街になっているんですよね、マレーシアのチャイナタウンに雰囲気が非常に似ておりますね。いろんな露天が乱立し、薄汚い商売をしている店もあったりして活気がある感じ。今日の晩御飯をどこで食べようか考えながら志村商店へ。

志村商店の店頭にはすでに中国人のビジネスマンが一人、母国へのお土産を選んでいるのでしょうか。それを冷ややかな目線で店員さんが見下しています。

うわぁ・・・入りづら・・・

「ちょこ1000円分詰めて貰えませんか?」

「あいよ」

無表情のまま無機質な返事。

予め録音されたテープを再生しているような棒読みの啖呵が始まります。

まぁ観光に来てる訳じゃないからいいんだけどね・・・

終始無表情、目も一度も合いませんでした。人と話しているというよりも遊園地の100円で動く乗り物にお金を入れたような感じ。次来ることは無いかな・・・笑

 

帰って中身を見てみるとこんな感じ

f:id:Gongongon:20170719232031j:plain

Chocolachicが限定品らしく値段が分からず。

 

計算してみます!

------------------------------------------------------------------------------------------

チョコ玉ハイチュウ      ¥43×8=¥344

BAKE           ¥194×2=¥388

ハイチュウPremium      ¥126×2=¥252

ビフィズス菌チョコレート   ¥270×1=¥270

baskin robbinsのチョコ    ¥216×1=¥216

Chocolatchic        値段不明、想定¥230×4=¥920

 

合計・・・¥2390

-------------------------------------------------------------------------------------------

 

1000円で買って、1390円お得!

以前、志村商店にお邪魔した時は威勢の良い方が対応してくださり、3000円分くらい詰めて貰えました。その時に比べると見劣りします。。

良くも悪くも観光目的で訪れる店ですね。店員さんによってもパフォーマンスが大きく変わるようです。今度からは大人しく訳有りスーパーで買います。。。

【2017年】オークランド国際空港 入国時の注意点とかSIM購入方法とか両替とか

入国に関して

・入国審査カード

ニュージーランドへ入国する際、入国カードに記入する必要があります。

入国審査カード(英語)

私もそうですが英語が分からないと書ききれません。日本語の入国カードもあるようですが、果たして現地で入手できるかは分からないため、PDFを予め携帯にダウンロードしておくことをお勧めします。

入国審査カード(日本語)

 

因みに出国時にも出国審査カードがありますので気に止めておいた方が良いです。

出国審査カード(英語)

 

・検疫に関して

ニュージーランドは食品類の持ち込みに関して厳しく取り締まっているようです。未開封の加工品(煎餅などのお土産)も入国審査カードでの申告が必要です。

検疫を通過した先には警察犬が待ち構えています。食べ物を所持しているとワンワン言われちゃいます。私もワンワンされました。申告していたので何も無かったですが、必ず法に乗っ取った行動を取りましょう。

持ち込み禁止物一覧です。Google翻訳を介して目を通してみてください。

http://www.customs.govt.nz/features/prohibited/imports/Pages/default.aspx

 

SIMカードの購入に関して

SIMフリーの携帯を持っていくと便利かと思います。

飛行機を降り、入国審査へ歩いていく途中に免税エリアがあり、その中にVodafoneがありますので、そちらで購入するのが一番楽かと思います。一本道なので迷うことなく見つけられます。クレジットカードが使えますのでお金を持っていなくても大丈夫です。

プランですが、下の紙を見せられます。因みに有効期間は30日

f:id:Gongongon:20170709132246p:plain

 携帯を差し出せばお店の方が勝手にセットアップをしてくれます。

 

両替に関して

今回はクレジットカードのキャッシュを利用しました。両替手数料よりもクレジットの方が安く済むんですよね。検疫を抜け、到着ロビーにATMがありました。ATMは日本語も対応ですので何も問題無いと思います。

 

如何せん空港自体が小さいため、迷うことは余り無いと思います。

国内線と国際線は建屋が別になっているようなので、乗り換えの方は注意してください。

 

オークランド市内への移動方法

SkyBusがノンストップで市街へ向かってくれるため便利かと思います。券売所は空港を外に出て、バスターミナルの一番左でにあります。空港発のバスは下の地図が終点となっていますので、ダウンタウン(港)やブリトマート(鉄道駅)へは乗り換えが必要です。注意ください。

 

良い旅を!

 

オークランド 弾丸一人旅行記 その6 ニュージーランド編 オークランド市内観光と帰国

ワイヘケ島でのサイクリングを終え、オークランドへ船で帰る最中です。

再びオークランド市内観光

f:id:Gongongon:20170715142734j:plain

f:id:Gongongon:20170715142739j:plain

f:id:Gongongon:20170715142743j:plain

オークランド市内の観光場所は何も調べてきていないので、気の向くまま散策をします。

まず向かったのがスカイタワー、一人で登っても切ない思いをするだけなので今回は下から見るだけです!展望台からはバンジーの紐が垂れていました。残念ながら猛者はおりませんでした。寒いですもんね。。笑

f:id:Gongongon:20170715142745j:plain

f:id:Gongongon:20170717194925j:plain

個人的な楽しみで海外に行ったら寿司屋に入るようにしています。

マレーシアで食べた寿司は日本とは異なった味わいでしたが、オークランドの寿司は日本と遜色無い味でした。

f:id:Gongongon:20170717194928j:plain

後で分かったのですが、このお店のオーナーは日本人でした。オークランド市内を歩いていると、日本人が経営するお店がちらほらありました。

 

アオテアセンター、銀座の和光を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか。

f:id:Gongongon:20170717200918j:plain

空港行きのバス停へ向かいます。バイバイオークランド

f:id:Gongongon:20170717200925j:plain

カイバスのバス停も、HPやグーグルマップの位置と異なる位置にありました。帰れないんじゃないかとかなり焦ってしまいました笑

仮設?のバス停で立っていると一台のタクシーが私の前に停まりました。

運ちゃん「AirPort?」

私「No thank you」

知らない人「ココはバス停デスノデ声掛けはお控えクダサイ」

オークランドは優しい方が多いです!

f:id:Gongongon:20170717205946j:plain

f:id:Gongongon:20170717205951j:plain

チェックイン開始の2時間前に来てしまいました。規制エリア外にもラウンジがあればいいのにな~

f:id:Gongongon:20170717210526j:plain

チェックインを済ませるときに、前のお婆さんが話しかけてきました。

お婆さん「ここのレーンは荷物も一緒にチェックインできる?」

英語しゃべれないのにいいいいい!!!

私「事前チェックインのレーンはあちらなので問題無いと思いますよ」

お婆さん「???」

伝わって無い!!!

どうも腰が悪いから荷物を一緒に運んで欲しいだったらしく、ジェスチャーをしてもらいなんとか理解することができました。

お婆さん「Thank you so much!」

私「My Pleasure!」

こんなに感謝されていいの!?ってくらいお礼をされ、私もルンルンになってしまいました。

 

さて、日本には入国する際に税関申告を書かなければなりませんが、オークランドには出国申告もあります。荷物を預けるまで知りませんでした。当然読めないのでインターネットで日本語版出国カードをダウンロードし、それを参照しながら記入。

f:id:Gongongon:20170717210529j:plain

 

規制エリア内。とりあえずラウンジへ向かいます。

f:id:Gongongon:20170717211841j:plain

カンタスのラウンジ、夜遅いのでもう閉まっておりました。。

f:id:Gongongon:20170717211845j:plain

仕方なく空港ラウンジへ。意外と食べるものが沢山ありました。ここからはフォアグラのようにご飯を食べ続けます。

まずは手始めに、ラウンジでお皿三枚!

f:id:Gongongon:20170717211847j:plain

f:id:Gongongon:20170717212103j:plain

f:id:Gongongon:20170717212121j:plain

機内食フルコースに朝食

f:id:Gongongon:20170717212131j:plain

f:id:Gongongon:20170717212134j:plain

f:id:Gongongon:20170717212138j:plain

マレーシア航空のラウンジでヨーグルト

f:id:Gongongon:20170717212240j:plain

f:id:Gongongon:20170717212244j:plain

マレーシア⇒東京便

フルコース+ラーメン

f:id:Gongongon:20170717212319j:plain

バケットはさすがに一枚に。気持ち悪いですもん・・・

f:id:Gongongon:20170717212322j:plain

極めつけは新幹線で幕の内!

f:id:Gongongon:20170717212330j:plain

f:id:Gongongon:20170717212333j:plain

これ全部、7/5に食べたんです。1日6食!

ニュージーランド旅行は1泊2日で終わってしまいましたが、なかなか濃い旅行でした!

オークランド 弾丸一人旅行記 その5 ニュージーランド編 ワイヘケ島へ 自転車レンタルでサイクリング

前日はオークランド郊外にある個人宅へ民泊しました。

本日はワイヘケ島を観光します。

オークランド市内へ

前日、スーツケースを持っての路線バスへの乗車がとても不便且つ迷惑であったため、本日は鉄道を利用するため駅へ向かって歩きます。

f:id:Gongongon:20170712201614j:plain

 

住宅地を歩いているのですが歩道がとにかく広く、綺麗に整備されています。

f:id:Gongongon:20170712201921j:plain

下写真はローカルな公園です。

f:id:Gongongon:20170712201923j:plain

ひたすらスーツケースをガラゴロ転がしながら歩いていきます。

f:id:Gongongon:20170712201949j:plain

遠くにスカイタワーが見えます。

f:id:Gongongon:20170712202008j:plain

住宅地の真横に牧場がありました。馬がいたのですが写ってないですね

f:id:Gongongon:20170712202012j:plain

この下り坂からもスカイタワーが

f:id:Gongongon:20170712202021j:plain

f:id:Gongongon:20170712202030j:plain

これが、オークランドのターミナルステーション、ブリトマート駅の次の停車駅、Orakei駅です。まさかの無人駅でした。

f:id:Gongongon:20170712202038j:plain

ATHOPカードを持っていれば、箱根登山鉄道の様にピッとやるだけです。

私は1泊2日ということでカードを作っておりませんでした。そのため券売機で切符を買おうと思ったのですが何もありません。下写真の奥にいるジャケットを着用した人が車掌さんなのですが、歩み寄る前に警笛を鳴らされそのまま乗車。仮にも都心の次の駅、まさか券売機すら無いとは・・・

f:id:Gongongon:20170712202433j:plain

ブリトマート駅到着後に車掌へ尋ねると、改札で切符を買うように指示をされました。

1区間でなんと5NZD。高いですね笑

 

オークランドのターミナル、ブリトマート駅構内

f:id:Gongongon:20170712202727j:plain

 

ワイヘケ島へ

再びフェリーターミナルのインフォメーションセンターへスーツケースを預けワイヘケ島へ出発です!

荷物を4時45分までに受け取らなくてはならないので3時30分の船で帰ります。

f:id:Gongongon:20170712205012j:plain

 

f:id:Gongongon:20170712203020j:plain

船内では疲れ果てて寝てしまい。。。

ワイヘケ島に着きました。船で約50分掛かりますが、オークランドからフェリーが30分置きに出ておりますので気軽に行ける島かと思います。ワインセラーが有名で、ワインセラー巡りツアーやリゾートホテルなんかがあったりする観光島です。冬は季節外れかも。

f:id:Gongongon:20170712204507j:plain

フェリーターミナルから歩いて3分くらいのところに黄色いほったて小屋があります。

こちらで自転車をレンタルすることができます。

f:id:Gongongon:20170712205512j:plain

同意書にサインをする必要があるのですが、Japaneseと言えば、日本語の同意書を提示してくれるようです。

こちらが借りたバイクです。乗り方や注意点、返却方法等を聞きます。すごい、ニュアンスで聞き取れる!

 

 

「ブレーキはリアがこっち、フロントは転んでしまうから気を付けてね!」

「いぇあ!」ジャックナイフの仕草

「砂浜とかダートは走らないでね!」

「いぇあ!」タイヤに目線

「私がいないときがあるから、その時はドアの穴から鍵を投げ入れておいて!」

「いぇあ!」ドアを確認

「走行は絶対に左側、右側は絶対走っちゃダメ!」

「いぇあ!」

「駐車場内で変速の練習をして出て行ってね!」

「オーケー!オールライト!!サンキュー!」

 

こんな返しでもボディランゲッジで会話が成り立っちゃうから不思議!

 

こんなマウンテンバイクを借りました。

f:id:Gongongon:20170712205515j:plain

坂道が多いことは知っていましたが、思っていた通りに多い。。。

防寒対策で冬用の手袋なんか持っていきましたが、真冬でも春先くらいの気温。どこまでも続く坂道に体がすぐ熱くなり脱ぐ羽目に。

f:id:Gongongon:20170712205524j:plain

ネオロラ湾に面した場所に島唯一の商店街?があります。

f:id:Gongongon:20170712205539j:plain

アートギャラリーやオシャレなカフェが並び、地元の方がたむろっていました。

 島なのに意外と交通量が多い!あとナンバーの無い車も走ってる!そこらへん日本と同じなんですね笑

f:id:Gongongon:20170712210932j:plain

f:id:Gongongon:20170712220731j:plain

良く地図を見て走らないとすぐに迷子になります。坂道を一生懸命登り切って、休憩がてら地図を確認、引き返すなんてことを3回ほど繰り返しました。。。

f:id:Gongongon:20170712220756j:plain

コーリーロードという道から見えるパームビーチが実に絶景でした。走っていても気持ちいいです。

f:id:Gongongon:20170712220807j:plain

 

時間が全然ありません。島の半分も周っていませんが折り返し反対側の海岸線へ。

天気予報では今日の天気も雨、雲が厚くなってきました。

f:id:Gongongon:20170712220838j:plain

f:id:Gongongon:20170712221444j:plain

雨が続いたせいか、オークランド側の海は淀んでいます。ここで海を眺めながら、スーパーで買ったバケットを頬張りました。

f:id:Gongongon:20170712221536j:plain

海岸線沿いにこんな道がありました。むちゃくちゃ楽しそう!マウンテンバイクで走らない理由が無い!体重制限もクリアしているので進みます!

f:id:Gongongon:20170712221807j:plain

オフロードでもマウンテンだと走りやすいですね。

f:id:Gongongon:20170712222037j:plain

 

道中カモたちがお昼寝をしてました。

f:id:Gongongon:20170712222044j:plain

思っていたよりもかなり時間が余ったのでワインセラーを覗きに行きます。

f:id:Gongongon:20170712222312j:plain

f:id:Gongongon:20170712222334j:plain

f:id:Gongongon:20170712222337j:plain

 

定休日でしたので、本当に覗くだけになってしまいました。残念!

f:id:Gongongon:20170712222504j:plain

公園を散歩したり

f:id:Gongongon:20170712222612j:plain

やばそうな勾配の坂に挑んでみたり

f:id:Gongongon:20170712222640j:plain

誰もいない荒れた山頂で写真を取ってみたり

f:id:Gongongon:20170712222725j:plain

f:id:Gongongon:20170712222736j:plain

もう一泊してもっと散策したかったな。。。

f:id:Gongongon:20170712222812j:plain

30分くらいフェリーターミナルの横にある海岸?で黄昏ました。

f:id:Gongongon:20170712222931j:plain

f:id:Gongongon:20170712223020j:plain

ぜひまた来たい、宿泊したいと思える場所でした。

f:id:Gongongon:20170712223030j:plain

オークランド 弾丸一人旅行記 その4 ニュージーランド編 英語できないのに頑張った!民泊へ挑戦

お土産を買いにスーパーへ

青空が綺麗!逆光になってしまいましたが、オークランドと都心の間に平地があり、ここからの眺めが非常に良かったです。オークランドドメインへは徒歩で行って正解でした。短い距離で様々な景観を楽しむことができました。

f:id:Gongongon:20170711220354j:plain

意外と博物館が見ごたえあって16時を周ってしまいました。16時45分までに荷物を引き取りにフェリーターミナルへ行かなければならないので急いで戻ります。

f:id:Gongongon:20170710210851j:plain

 

グーグルマップがあれば迷う気がしない!

階段の路地があったり、大学の中を抜ける道があったり、観光バスに乗らずに歩くのも楽しいです。

 

f:id:Gongongon:20170710210856j:plain

 

帰り道にスーパーがあったので寄って今日の晩御飯と明日の朝御飯、昼御飯、お土産を買って行きます。 ニュージーランドでは結構オーソドックスなスーパーのようです。

 

 

オーストラリアもそうですが、こちらの国の方は良くビスケットを食べます。そのためビスケットの種類が豊富で安く手に入れることができます。日本には無いような味のものもあるのでぜひお土産に物色してみてください!

 

あ、あとベジマイトって言うジャム?のような物が必ずどのスーパーにお置いてありますので買ってみてください。パンに塗って食べます。味は例えるならそう・・・赤味噌・・・

 

おススメなお土産一覧をまとめますのでまた良ければ見てやってください!

 

お土産を買っていたら時間がだいぶ経ってしまいました。45分まであと5分!急いでフェリーターミナルへ向かいましたが5分の遅刻。インフォメーションセンターはすでにシャッターが降りておりました。

口頭では17時までにと言われてたため、少しのんびりしすぎました。

店は閉まっておりましたが、店脇の扉をノックすると中からオジさんが、無事スーツケースを引き取ることができました。余裕を持って引き取りに来ないとですね。

 

宿泊先へ

ここからはどたばたで写真を撮れませんでした。

本日宿泊する宿が郊外にあるためバスに乗る必要がありました。そのため、あらかじめバス停の位置を印刷してきたのですが

「地図見るとここなのに・・・」

地図で示された場所が工事中。

しぶしぶ町中にある案内標識で探すのですが、これがまた大雑把・・・笑

矢印が大きすぎてどこを挿しているか分かりません・・・

 

彷徨うこと20分。なんとか目的のバスに乗ることができました。

しかし盲点。スーツケースを置く場所がバスにはありません。

あたふたしていると、おじいさんがここに置きなよと、タイヤハウスの上にある僅かなスペースを教えてくれました。

置いたは良いが、降りるときに手摺りに引っかかり、またあたふたしてしまい、隣りのお姉さんに笑われてしまいました。恥ずかし恥ずかし笑

帰りは電車使おっと・・・

 正面のお家が宿泊先、民泊をしました。

入り口が分からず周囲をウロウロしてしまいました。玄関は裏の路地から入るようです。インターフォンもなく、門が閉まっており入るのになかなか勇気が要りました。

f:id:Gongongon:20170710224159j:plain

 

宿泊地のそばにはアメリカンな建物がありました。

f:id:Gongongon:20170710224203j:plain

 

貸していただいたお部屋です。学生時代にオーストラリアでホームステイをしたのですが、その頃を思い出します。

f:id:Gongongon:20170710230852j:plain

f:id:Gongongon:20170710230857j:plain

リビングからの景色。遊歩道散策したかったのですが、一泊二日の私には時間がありませんでした泣

 

宿の方はとても親切でした。英語がしゃべれない私を快く受け入れてくれ、前日の航空機の遅れによるキャンセル料も不要で良いと、それだけでなく晩御飯を料金を払ってもいないのに作ってくださいました。グーグル翻訳を使って雑談したり、今旅行で一番の、とても良い思い出になりました。

チェックアウトの際には「あなたに会えて良かった、また泊まりにおいで」と握手までしてくれ、今度はちゃんと英語覚えてきますね。。。